借金に悩まされる人の特徴

借金イメージ

借金イメージ

借金に悩まされる人の特徴というものがあります。
これは問題点が明白です。

1.借りた金を返さない
たいてい恨まれているのです。
倫理観がだめでもともと責任能力がありません。

2.恩義を返さない
人は生まれてこのかた、誰一人他人の世話になっていない人なんていません。
生まれたときは両親が関わりますし、
通りすがりの人にも何かしらの恩恵を受けています。気づかない恩義もあります。
しかし、親に育ててもらった恩とは別にして気遣いは必ずどこかにあるものです。
見えない形で人に世話になっています。
気づいたら物やお金で恩返しできなくても「ありがとう」はいいましょう。

3.親の恩に報いることができない
出来る限り身内との借金はしないことです。
身内のためにご祝儀や香典など必要なときはあると思います。
ですが身内であるほど恨みは増します。
礼儀正しくは基本形です。
特に親に借りっぱなしはやめましょう。
踏み倒すといずれ運勢の下降として現れます。

4.手段とタイミングがまずい
初歩の初歩で間違っています。お金を借りないで片付ける方法があっても見向きもしないのです。
支払いのタイミングをずらす、物を売る、経費節約するなどいろいろあるかと思います。
もしくは仕事を変えるというのもあります。
自分から変化を求めすぎて運を捨て去っている人もいるので、
安易な転職もおすすめしません。

占い師としては運気の変化において良いタイミングで行動するのが一番の開運法です。
休みをとったほうが良い運気であれば焦らず休むことです。
この緩急のバランスが取れていない人ほど借金に悩まされています。

もし、借金で悩んでいるときは自分の辿った順序に
誤りが無いか見つめ直してみてください。
思わぬ盲点が出てきます。

問題ある行動はいずれ破綻を迎えます。
そのような状況に至る前に内観しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする