運はコントロールできる

運気アップ 画像 イメージ

運気アップ 画像 イメージ

運というものは自分で作れます。
宿命的に決まっている運気の傾向はありますが
運が下がっていても運が上がっていく行動が出来ます。

たくさんのお金がほしい場合は節約するのも一種の手です。
ですが節約しすぎると心が辛くなります。
ですからストレス無くお金を稼ぐ必要があります。
それが運気に関係していきます。

ひとつは職種の見極めです。
適性と才能にはズレがあり特技が仕事になる人とそうでない人がいます。
この違いはなんなのでしょうか?

使命と意志と食っていける方向性にズレがあるからです。

たとえば主婦として有能でも意外と家事代行は出来ません。
気持ちとして「プロの感覚」が入っていないと
家と外で同じクウォリティーが発揮できないのです。

家は慣れていますしすぐにどこをどうしたら出来ます。
身内だから安心して出来ますしある程度アバウトでも良いです。

でも、外で家事代行の仕事となると「おもてなし」です。
人によってはおつかいだけでなくお子様のお迎え代行など幅広い場合があります。

ここでなかなか気づけないのが家事が女性的であり、
外で仕事をするのが男性的な行動です。

理由としては自分の生まれの星の使い方が
自分の家庭での家事と家事代行の仕事ではかなり違うからです。

女性が家事をやって家にこもりがちになり、
主婦業に専念できる場合は夫や子どもに使っています。

ところが女性が共働きで外に出ますと自分の運で動きますので
夫や子どもに運が分散せずに自分に運が集中します。
バランスのとり方が悪いと夫の仕事運が下がる可能性があります。

でも、現代では共働きが求められている時代です。 
人によっては仕事を生涯続けないと不運なままの人もいますし、
むしろ逆に主婦以外はやってはいけない人もいます。

これを知らないから不幸な人がいっぱいいます。

占い師はそのバランスを陰と陽いいます。
陰とは女で、陽は男です。

女性は自分の運を使うとき夫婦の営みと出産育児で運をあげています。
男性は自分自身の単体になるので陰陽のバランスをとるときに
女性の力を借りないとお役目がすぐになくなります。

また、シーンでも違います。
家庭はやすらぎを求める場所です。
仕事は評価を求める場所です。
これが分かっていないとお金が稼げないからです。

ただ、問題なのはこの運の使い方を間違うと稼げません。
実はここにヒントが隠れているのです。

お役目を知らないと稼げないのです。
そこに使命をいかに果たすかというのも関わってきます。

もし、あなたが「自分の使命とはなんだろうか?」と疑問に思ったとき
頼りになるのが運気です。

運気の流れがスムーズじゃないと思っているのであれば
お役目を果たしていない可能性があります。
自分の使命とズレがあるのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする