金運とは何から生まれるのか

金運アップ 画像 イメージ

金運アップ 画像 イメージ


金運は何から生まれるのかご存知でしょうか?
答えは「あなたの魅力」です。

一見違うように思えますがこれは何事にもいえます。
男は度胸、女は愛嬌とよくいいますがこれは魅力の出し方を意味しています。

たとえ男性が軟弱でもどこか確固たる信念があるほうがモテます。
女性が勇ましくてもちょっとふわっとした可愛らしさがあると人気が出ます。
ギャップ萌えというのはその典型です。

金運というのはそういった明確なキャラクターに存在価値を見出したときに
お金を支払いたいと思う人が出てくるから運気がアップするのです。

面白い話があります。
世の中人気だけでやっていける人がいるのです。
芸能人の話ではないです。

どこか憎めないキャラクターであることです。
こういうキャラクターは結局人気があります。

人間には得手不得手があり
短所と長所があります。

でも、欠点に見えるところが魅力的なときがあります。
これは舌足らずな赤ちゃんのしゃべり方に似ています。
これこそ金運アップの秘訣です。

完璧主義だと何もかも一人でやらねばなりません。
もしくは愛想が無い人は遠巻きにされてしまいます。
なぜなら近寄りがたい雰囲気があるからです。

人は接近すると雰囲気で相手を察します。
それが危機回避の本能だからです。

「オープンハート」という言葉は自分が受け入れ態勢であることを意味します。
恋愛であろうが仕事だろうがなんにでも通じます。
無防備でいろというわけではなりません。
理論武装するなということです。

心がしんどいときに赤ちゃんのような笑顔を持っている人であったら
あなたの悲しみも癒えることでしょう。

こういった人はカリスマになるか
頼りになる人としてそばに置きたくなります。
いるだけで助かる人です。

こういう人は自分の存在価値を認めています。
ただ、あるがままなのです。

わがままというわけではないです。
常識の範疇で礼節を重んじます。
シンプルな生き方をしているのです。
自然体だから相手の作意に引っかかりません。
だから好かれます。

むしろ作意に引っ掛けられないくらいに
守ってくれる人が続出します。
それが魅力なのです。

魅力がその人にとって最大の資産です。
自分を磨く限り一生なくならない宝です。

自分を磨くというのは恩義を忘れないでいる人、
もしくはいつもリラックスしている人です。

自分に何かが足らないと思ってしまうから
他人と見比べてしまって競争意識が生まれるという貧困な考えありません。

純粋に自律した考えの持ち主だからです。
金運とはそういう人についてきます。

まわりに振り回されて金運を落としている人がいっぱいいます。
その人の多くは今の状況を仕方が無いと思っています。
それはまったく違います。

他人の作意にはまった人間であるという証拠です。

あなたが金運を望んでいるのであれば
まず自分に存在価値を見出しましょう。

算命学ではこれを「お役目」といいます。
お役目を果たせていない人間は不運になります。
お役目というのは使命を果たす方法です。

あなたのポジションはいったいなんでしょうか?
お役目とは社会的なものと家庭的なものと二つに分かれます。
あなたの人生のシーンにおいてお役目の得方が違います。

たとえば夫婦としてであれば両親となりまし、
いずれは祖父母となります。

しかし、社会的には現役を引退するか否かというのが出てきます。
現役社会人として責務を負うのか、地域住民のまとめ役になるのか、
それとも教育者や聖職者という立場が含まれたりすることもあります。

なろうと思えばなれるがならなくても良い職業があります。

立場とお役目というのはときとしてあなたの意と反する場合や
理想と違っていることもあります。

定められたお役目を知るとあなたはそのお役目を果たしている限り、
輝いて金運が舞い込みます。
そこに人気もついてきます。

あなたのお役目なんだと思いますか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする