病を克服するもの

ヒーリング 画像 イメージ

ヒーリング 画像 イメージ


病というものは気持ちがよどんでいくものです。
そのよどみとはどこから発生したものなのでしょうか?

それは言いたいことが言えない、立場がある、理想が高い、
ストレスの原因がどこかにあるものです。

病というものはいろいろあります。
肉体的な疾患と精神的な疾患です。

東洋医学では体調不良になる際にストレスを探ります。
ストレスが原因なのです。

人間が病になるときは二通りあります。
知性に偏るときと感情に偏るときです。

知性に偏れば人間関係が悪くなります。
感情に偏ればサイキックアタックをします。

これがわかっていないと場の空気を読めないですが
読みすぎると返って病んでしまいます。

医療的な観点からすれば心と体がつながっていると考えたときに
心療内科だとかカウンセリングをおススメするものですが
栄養が足らないというのも結構あります。

不摂生すると心身が病むということです。
職場・学校・家庭など人間関係もあると思いますが
まずは自分を律することです。

自分を大切に出来ていないとき食事に偏りが出ます。
寝不足や快楽に走りすぎます。

自分を律することはリズムを作ることです。
自分オリジナルの良いリズムを持っていれば自然と
人間関係が修復されたり万能の効果を発揮します。

職場や学校の環境が良くても病む人はいるものです。
家庭環境が良くても病む人はいます。

刺激の受け方に問題があるのです。
リズムを作るということは不要な刺激を受けないことです。
ストレスを溜め込まないように良いリズムを持ちましょう。

算命学では陰陽五行のバランスで見ます。
陰陽の偏りがあると性的な乱れが出来ます。
五行が偏ると運勢の使い方に問題が起きます。

先天的な陰陽五行のバランスが整っている人はまれです。
自分の体質に合った運勢を作っていくのが運を上げる唯一の方法です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする