予想をはるかに上回る開運の秘訣

開運 来福 イメージ 画像

開運 来福 イメージ 画像

それは使命に生きること。

「使命とはなんぞや?」と思う方も多いでしょうが
平たく言うと「世界の役に立つこと」です。
世界というと大規模に聞こえるようですが意外とそうでもありません。

普段、あなたがどのような立場にあったとしても
何かしらあなたの存在によって生かされているものがあります。

子どもであれば両親や祖父母のために生きています。
女性であれば愛すべき人のために、
男性であれば守るべき人のためにです。

もし、人類愛がなくなったら世界はどうなるのでしょうか?
すべてが崩壊します。
孤独しか残らず恐怖だけです。

でも、人と人との繋がりは意図せぬところで繋がっています。
あなたが寂しさを感じていても誰かがあなたを目撃しているのです。

では、なぜあなたが不安を感じるのでしょうか?
それはあなたが愛に生きていないからです。
理由としては二つあります。

愛とは内側と外側の存在に対して愛を持って接する必要があるからです。
内側とは自分であり先祖。
外側とは自分以外の人すべてと世界です。
世界となるとどのように愛を向ければいいのでしょうか?
これはやり方がいろいろあります。

ボランティア、募金、行政や警察など公のための職業に就く、
癒し手として占い師やヒーラーなどアドバイザーになる…etc.

他にもあります。
父親や母親になることです。
生み育てるのが一番です。
これは内側にも外側にも愛が深まります。

あなたが教える側の立場であってもいいですし、
そばにいるだけでも結構です。

存在してあげるだけで癒されるのです。
あなたがいないとなると誰かがあなたに愛を傾け損ねるのです。

使命に生きるというのは人によってはかなりの艱難辛苦といえます。
ですが、自分から使命に生きると決めたら誰のせいにも出来ません。
そう内なる自分という神に宣誓したからです。

自分で決めたらやり通す。
これこそが美徳です。

あなたが存在したいと思ったから生まれたのです。
生きるということは使命そのものです。

人によって使命が違うと思えるでしょう。
ただ、それでも共通することは「愛」の一択なのです。

誰かを愛するだけでなく自分を大切にする愛も必要です。
一番最初に愛するべきは自分です。
子どもや親などがいても自分を大切にしないと不幸しかのこりません。

自分の選択を他者に任せてはなりません。
自分で決めるのです。

そうすることで悔いの無い人生を歩めます。
けして他人に舵をとられてはなりません。
最期にあなたが満足しなければ意味がないのです。

幸福を追求するとはあなたの内にある愛と外に向ける愛をバランスよく配分することです。
このバランスは人によって違います。

そのバランス配分は生まれの星を基準にしないと崩壊します。
生まれの星はあなたのキャパシティーとクオリティーを意味します。
生まれの星をルールとして生きていかなければ使命に生きることが出来ないのです。

使命は必ず生まれの星に刻まれています。
あなたの愛をどのように活かすべきか生まれの星が語るのです。

もし、迷いが生じたら自分に問いかけてみてください。
「自分に愛があるのか?」と・・。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする